TOPICSトピックス

【参加者募集中】梅園の里天文台天球館にてコズミックカレッジ開催!

2021.09.28

 スペースポート(宇宙港)を目指す大分空港がある大分県国東市安岐町は江戸時代中期に医者と農業を家業としながら天文学を普及した三浦梅園の生誕地です。梅園の生誕地近くにつくられた宿泊観光施設「梅園の里」には、県内では最大の口径(65cm)の反射望遠鏡を備えた天文台(天球館)があり、予約をすれば、望遠鏡を自由に使うことができます。

 天文台(天球館)では宇宙や科学が好きな小学生を対象としたコズミックカレッジ(JAXA協力)を開催しています。宇宙をテーマにした体験学習プログラムに取り組み、科学の楽しさや不思議さに触れることで、知る喜びを感じ、自ら探求して考える力を養い、命の尊さを感じることができる心豊かな子どもたちを育むことを目指しています。

 次回は秋コースとして10月10日(日)に実施予定です。午前中に特別講演会として大分宇宙港の普及啓発・情報発信に取り組んでいる大分県先端技術挑戦課宇宙開発振興班の職員から宇宙港についての話を聞きます。午後はロケットの仕組みを知って、最近話題のモデルロケットを一人ひとり自分のものを作って、実際に打ち上げます。

 詳しくは、下記URL・チラシを参考にお申込みください。
https://tenkyukan.jimdofree.com/
申込締切日:9月30日(木)
主催・問合せ先:梅園の里天文台 天球館 TEL&FAX:0978-97-2655
ホームページはこちらをクリック!

 また、当該施設では、その他一年を通して様々なイベントが行われています。
ホームページで案内があります。ぜひご覧いただきイベントに参加してみませんか。


 ※最新の情報はホームページもしくは、お電話にてお問合せください。